肩凝りと肩凝りのせいかめまいが...

 ■以前から感じていた肩凝りと気になるめまい/蓮田市整体針灸院のん

 

 

40代の男性のお客様です。

 

 

最近になり、肩凝りやめまいが強く感じてしまい、来院されました。

10年以上前にも肩凝りで針治療をされており、

その時に楽になった感覚を思い出し探して来たと教えてくださいました。 

 

 

原因として浮かぶのは仕事のストレスとのことで、

4月5月がピークで、その頃から凝りやめまいを感じ始めていましたが

自分でエレキバンや湿布などを行っても変わらず、

いよいよ辛くなってしまったという事です。

腕にしびれなどは出ていません。

 

 

 

10年前の針治療以降は体のメンテナンスを行っていません。

疲労はかなり蓄積していると考えられます。

 

 

調べてみると首すじや肩から背中にかけての筋肉が硬く凝り固まっており、

動きもぎこちなさや制限が見られます。

 

 

めまいはフワフワするとのことですが、これは肩凝りが原因の場合が多く

肩凝りの治療と一緒にアプローチしていきましょう。

過去にMRIを取り、問題ないと整形外科で言われています。

 

 

 

10年前の針治療は”針灸”のみで、整体マッサージは今回始めてです。

 

 

当院の針灸コースは”針灸”と”整体”マッサージをいただいた時間の中で

約半分ずつ行います。

必ず整体マッサージを組み込んでいます。

久しぶりの針・メンテナンスということで、細かく加減を伺いながら進めました。

 

 

ご本人は「首凝り」「肩凝り」を感じていらっしゃるのですが、

背中や腰までカチカチに緊張しています。

一番のお悩み箇所を中心に広く関係している筋肉なども触っていきます。

 

 

 

なかなか1度で全てを取りきることは難しいのですが

首と肩を中心に体が緩み始めており、施術中から「気持ち良いですね....」と

体感していただきました。

緩み始めているので、戻りきらないうちに次の刺激・調整をしてしまいましょう。

 

 

数ヶ月・数年など慢性化した筋肉は針を含めた調整が大変有効です。

針治療には筋肉を緩める作用・血流の改善・代謝の改善・炎症を和らげるなどの

作用があります。

「押す」のみですとどうしても表面的になりますから、

慢性化した深い凝りにアプローチするのは難しいと言えます。

針の「刺す」整体マッサージの「押す」。

これら2つの方法で、当院はあなたの体を休息し、

元の筋肉の柔軟性を取り戻せるようお手伝いしています。

 

 

 

 

針治療は翌日や翌々日にさらに変化を感じる方も多くいらっしゃるので

経過をおしえてください、とお伝えして終了です。

次回の状態を把握し、より本来の体を取り戻せるよう

お手伝いします。

 

 

 

 

首凝りや肩凝り、他の部位でも

慢性化すると本来の状態を取り戻すまでに時間がかかってしまいます。

首や腰の筋肉が硬くなりすぎていれば

ストレートネックや反りの少ない腰(または反り腰)になってしまいます。

骨が動くとより疲れやすい、調整回数の増加など

痛みや違和感に時間を取られてしまいますので、

少しの違和感や少しの疲れ程度で素早く調整してしまいましょう。

 

 

まずはお悩みお聞かせくださいね。

 

 

 

 

  ■蓮田市整体針灸院のん

070-6564-1467

(※2秒ほどタップしてください)

 

24時間受付のライン@がオススメです。

https://line.me/R/ti/p/%40pdr4494x 

(予約状況やお知らせなども)