ギックリ腰が変わらないので針治療を

 ■5日前にギックリ腰になり.../蓮田市整体針灸院のん

 

 

50代の男性のお客様です。

 

 

5日前に仕事の荷物運びで腰を痛め、病院でMRIやレントゲンで調べて問題なく

痛み止めの注射やマッサージにも行きましたがあまり変化を感じないということで、

お越しくださいました。

 

 

学生の頃の運動で腰を痛めてから弱くなっていて、

これまでは痛み止めでやり過ごしてきたと教えてくださいました。

2、3年に1度ぎっくり腰を経験しているとも教えてくださいました。

状態を見ると、少し触るだけでカチカチになっていることがわかります。

いらっしゃった時は、ゆっくりと歩けば上体を起こせるという状況で、

スムーズに動くことはできません。

 

 

針治療は過去に数回の経験があり、

深い部分にまでしっかりと届くのではないかと思ったそうです。

実際に針は重なっている幾つもの筋肉にアプローチできますし、

表面的にならず筋肉を狙っていくことができます。

 

 

ぎっくり腰というのは腰の捻挫です。

腰の筋肉が傷んでしまっているので、背中や足の筋肉を必要以上に硬く緊張させ

サポートしていると考えられます。

痛めた腰だけでなく背中や足まで過緊張を起こしているので、

少しの動きでもズキッとしてしまったり、痛みを感じます。

しびれは無いということで、筋肉のトラブルを疑い、施術を行います。

 

 

 

針灸と整体での施術です。基本的な割合は半分ずつです。

まず痛めた腰の筋肉や過緊張している筋肉に針を行い、修復を助け柔軟性を取り戻します。

後半の整体マッサージでも筋肉の調整になりますが、針がポイントであることに対し、

整体マッサージは面と広く捉え、リラックスして頂くことも大切に調整を行います。

 

 

何十年と腰が弱い中で、痛みを感じた時の対処法が”痛み止め”という一時的なもので過ごしていらっしゃったので、腰だけでなく体の疲労が強いと感じられました

ご本人もおっしゃっていましたが「痛みが少なくなったり、感じなければ動くことができる」。

これは根本的な改善にはなっていないので、腰痛やぎっくりを繰り返してしまいますし、

繰り返すたびに傷跡を残しているようなものです。

この傷跡は回数を重ねるたびに、”腰痛”とは別に蓄積し大きくなる負担と言えるでしょう。

 

 

腰をサポートしようと、必要以上に筋肉が力んでいる状態と合わせて

痛みを感じ、力が入っていしまっている状態です。これを解除し

回復しやすい環境を整えます。

 

 

施術後はまだ痛みは残っていますが、靴をスムーズに履くことができたり、

腰周りの軽さを感じていただけました。

 

 

今回一番目立っているのは腰の痛みですが、

体ぜんたいのメンテナンスを行っていくと、数年に1度繰り返すぎっくり腰は

減っていくと考えられます。

この後まず2回ほどはコンスタントに調整できると良いでしょう。

合わせてしっかりと体を休息させてあげましょう。

 

 

 

針は数年数ヶ月の慢性的な症状に大変有効性が高いです。

マッサージや湿布で変わらないと感じたら

まずご相談くださいませ。

 

 

 

痛みを感じてると体は無意識に力が入り続け、余計疲れやすくなり

悪循環になってしまいますから、最適なケアが出来るよう二人三脚で

良くなっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  ■蓮田市整体針灸院のん

070-6564-1467

(※2秒ほどタップしてください)

 

24時間受付のライン@がオススメです。

https://line.me/R/ti/p/%40pdr4494x 

(予約状況やお知らせなども)