靴下が回ってしまうんです

 ■気づくと靴下が回っています/蓮田市整体針灸院のん

 

 

60代の女性のお客様です。

 

 

 

2日ほど前から、気づくと靴下が回ってしまっていて気になっていると教えてくださいました。

怪我などはありませんが、数年前から腰痛を感じているとも教えてくださいました。

 

 

 

腰痛に関しては、動くことはできているので湿布などを貼って様子を見ていますがそろそろマッサージなどをした方がいいのではないかと感じています。

調べてみたところ、足腰の緊張が強く出ています。

数年間の痛みや違和感に耐えてきた緊張や疲労が蓄積していると考えられます。

 

 

 

靴下が回ってしまうのは足首周りが硬いことによって、

つま先があまり上がらなくなり、足を擦ってしまっていると考えられるのです。

 

 

 

 

始まりは腰痛であったとしても、その疲労やストレスは周りに波及します。

太ももやスネ、ふくらはぎの筋肉が硬くなれば、同時に足首も硬くなるのです。

 

 

 

今回は整体での施術で

腰と足の筋肉を緩めていく調整を行いました。

数年の経過だけあり、背中の筋肉や足の筋肉が大きく凝り固まっていました。

スネも緊張がとても強く、「痛気持ちよい」と教えてくださいました。

 

 

 

当院では ”患部とその周りも一緒に調整する” 施術が重要と考えます。

今回のようにスネの凝りから足首が硬くなり靴下が回ってしまうという状態で

腰痛を再認識し、調整が必要ではないかと考えるキッカケになっています。

 

 

 

筋肉は層になり、折り重なって関節を超え様々な方向に広がっています。

ですから一つだけの筋肉にアプローチすればいいという考え方は

体の構造を無視しているのです。

1箇所をずっと揉み続けるなどは患部を余計に疲労させてしまうと考えます。

 

 

 

 

いつもお伝えしているのですが、当院での施術加減は

「気持ちよい」または「痛気持ちよい」です。

それ以下では刺激が弱すぎますし、それ以上では刺激が強すぎて体が力んでしまいます。

 

 

 

体の活性化、自己治癒のためには”リラックス”が必要です。

体がこわばったまま休むことはできませんし、すんなり治る事もありません。

 

 

 

ですからこまめに加減を伺い、二人三脚で進めていきます。

1回目ですが、柔軟性がだいぶ出てきている事と

「痛気持ちよかったです」「気持ちよいところもありました」と教えてくださり

リラックスしていただけたようです。

 

 

 

 

2回目の時に「前回後から靴下が回っていないんです」と教えてくださいました。

ひとまず気になる事項が減り、良かったです。

引き続き、硬く元に戻らないよう調整し、柔軟性を取り戻していきましょう。

合わせて腰の状態も変えていきましょう。

 

 

 

我慢してしまう期間が長いと体が強張り

どんどん硬くなってしまいます。

硬くなるという事は熱が起こりやすく、炎症にもなりやすいのです。

また飲み薬や湿布は消炎鎮痛などで、残念ながら筋肉を柔らかくはしてくれません。

 

 

自分でストレッチをするにしてもその範疇を超えて硬くなっていると

逆に怪我をするリスクが高まります。

 

 

 

腰痛や足の疲れなど少しでも気になったらまずご相談ください。

 

 

 

「痛くならないと受けられない」

「この程度で行くのは申し訳ない」

 

 

そんな事はありません。

ひどくなる前に、ちょっとの違和感のうちに調整してしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

  ■蓮田市整体針灸院のん

070-6564-1467

施術中は電話に出る事ができません

 

24時間受付のライン@がオススメです。

https://line.me/R/ti/p/%40pdr4494x 

(予約状況やお知らせなども)