左腕の痺れが辛いです

 ■長時間の運伝後から腕の痺れが強くなっています/蓮田市整体針灸院のん

 

 

50代の男性のお客様です。

 

 

 

10日ほど前に計2000km以上を車でほぼ連続して走りました。

そのあとから左の肩から腕にかけて痺れが強くなり、辛くなっています。

 

 

このような状態は初めてです。

一週間前に整形外科へ行ったところ、頚椎の若干のズレなどが見つかりましたが

医師からは「ズレがもしかしたら関係しているかもしれない」と言われたといいます。

そのあとは電気治療などを行いましたが変化があまり分からず

針治療を行いたいとお越しくださいました。

 

 

 

 

調べてみると、左首筋から肩、背中にかけて強い緊張がみられます。

二の腕などは少し凝りがみられますが、強く出ているのは肩まわりです。

 

 

腕を動かすことはできます。

万歳のように上に上げていると楽です。

首は上を向こうとすると腕の痺れが強くなります。

腕をあげる、上を向くの共通している部位は肩甲骨の間です。過緊張を起こしている部分でもあります。

この筋肉がガッチリと肩関節周りを固めてしまい、

腕を下ろしていると、神経を締め付けますし

首を動かすことによって筋肉が縮まれば、余計に締め付けてしまうと考えます。

 

 

凝りをチェックするために触ってみますと、腕に響き、痺れがやや強く再現されます。

 

 

 

今回は針灸と整体での施術です。

まずは針で凝り固まった左肩関節周りの筋肉を柔らかくしていきます。

針を行うと筋肉の柔軟性や血流の改善が見込めます。

また筋肉が硬いせいか冷えもみられますのでお灸も合わせて使っていきます。

 

 

後半の整体マッサージでは、「気持ちよい」または「痛気持ちよい」加減で

受けていただくよう、こまめに伺いながら進めていきます。

筋肉の柔軟性、温まってくるに従って施術中から「腕が楽になってきました」と

教えてくださいました。

 

 

メインは左肩関節周りの凝りです。

合わせて周囲も緊張していますから解除するよう調整します。

肩の疲労や緊張は首や背中の状態が影響します。

 

 

 

整形外科でのお話だと、首の骨の一つが前に若干ですがずれてしまっているとの事。

前に滑り出てしまっている骨を直接引っ込ませる事は針灸ではできませんが

そのまま放っておくと周囲の筋肉が緊張しっぱなしになり、痛みを出したり、

周囲に広く影響を出してしまうので、緊張を緩めるよう施術を行いました。

 

 

 

 

一番硬くなっていた肩と、周囲である首や背中の緊張を取り、

腕にかかるストレスを解除した流れになります。

 

 

 

これまで腕に痺れを感じる事はなかったと教えてくださいましたが

今回がそのタイミングだったという事になります。

それまでは疲労を溜め込んできたと考えてよいでしょう。

 

 

永遠に溜め込む事はできませんから、いつか溢れてしまいます。

そのいつかは「疲労度合い」や「体質・体格」など

人によって様々です。

 

 

今回のように(辛さもありましたが)痛みや違和感を感じて

すぐに病院、治療院に行っていただけて良かったです。

 

 

大きな凝りになっていますから、1度では解除仕切れませんが

変化を感じてくださっているので、数回のコンスタントな調整で

凝りや痺れは変化し、軽快していくと考えられます。

 

 

 

痛くなって初めて分かる事も多いかもしれませんが

「気持ちよい」調整で済めばストレスも掛かる費用も時間も

少なくて済むと感じる治療師です。

 

 

 

当院の針灸も整体マッサージも「少し疲れた」程度で利用いただけます。

たまに「痛みが辛くならないと行ってはいけないかと思って」と伺いますが

そんな事はなく、早いうちから調整してしまう事を推奨します。

 

 

 

「このくらいでも行っていいのかな?」

「こういう時はどんなコースがよいのかな?」

などありましたら、遠慮なく一度ご相談くださいませ。

 

 

 

 

本気であなたを丸ごと良くしたい

整体針灸院のんです!

 

 

 

 

  ■蓮田市整体針灸院のん

070-6564-1467

(施術中は電話に出る事ができません)

 

24時間受付のライン@がオススメです。

https://line.me/R/ti/p/%40pdr4494x 

(予約状況やお知らせなども)